「病気のことは原則オープン」と回答した方のコメント

糖尿病とどのようにつきあっていますか?
あなたと同じ、糖尿病の皆さん
100人のご意見をお届けします

告白編

「病気のことは原則オープン」と回答した方のコメント

ニックネーム:メディアマン

年齢
57
糖尿病歴
23年
空腹時血糖値
180

持病は人に隠すことではありません。むしろ、積極的に周囲の人に話すことによって、病気に対する理解が得られ、無用な誤解を避けられます。とくにインシュリンを使用している糖尿病患者の場合は周囲の理解が必要で、低血糖時の対処法を周囲の人に理解してもらうことは重要なことだと思います。

ニックネーム:鹿鳴

年齢
62
糖尿病歴
10年4ヶ月
空腹時血糖値
95

心理的に、他人に話すことに何の抵抗もなかった。「風引いちゃった」と同じノリでした。特に職場では、血糖値の高さを、同僚と競い合うようなジョークのノリでよく話題にしていました。近所でも、昭和24年組が3軒並んでいるのですが、全員見事に糖尿病になっていて、月例の掃除の時など「退職後みんなそろって糖尿病」てな感覚で、わいわいがやがや糖尿病を話題にしております。

ニックネーム:ふっくん

年齢
55
糖尿病歴
4年6ヶ月
空腹時血糖値
125

病気についてはオープンです。隠していても、配慮されないので、糖尿病と精神疾患については、周りに話していた方が、配慮は直接されないが、気分的にラクです。

ニックネーム:kaguya

年齢
64
糖尿病歴
4年1ヶ月
空腹時血糖値
127

食事の内容や量等を制限している旨を伝えた。周りが正しく認識して高脂系や塩分の多い食物を意識して控えるようになった。既に糖尿病の姉達から色々アドバイスを得たりしている。今や糖尿病と診断されている人は多く、必死に隠すべき事柄ではない。周りの理解と協力を得て治療に専念すべき。

ニックネーム:yoshinari

年齢
61
糖尿病歴
18年
空腹時血糖値
135

自分の身の周りの人に、糖尿病で迷惑を掛けたくなかったし、知らせることで、例えば低血糖でぶっ倒れた場合、処理がしてもらえる。一度もそういうことはなかったが、持病を持っていることは周りの人に周知させるのが、自分の考え方でもあったため。

あなたと近いご意見の方は、
いらっしゃいましたか?