糖尿病レシピ
ごはん/麺類 4.5単位 調理時間 約15分
山盛りきのこの炊き込みごはん
秋の味覚であるきのこをふんだんに使った炊き込みごはん。だしと醤油の味がしみ込んだ3種類のきのこ、お揚げと白米が一体になった秋を代表する1品です。
(調理時間には、だしを作る時間とご飯を浸水する時間・炊く時間は含みません)
カロリー
328kcal
炭水化物
58.5g
たんぱく質
9.9g
食物繊維総量
3.0g
脂質
6.0g
塩分
0.4g
糖質
55.5g

ワンポイントアドバイス

しいたけ、しめじ、まいたけ、えりんぎ、えのきなどお好みのきのこを組み合わせて作っても美味しいです!

滋賀医科大学医学部附属病院 栄養治療部監修

材料

2人分

精白米
140g
しいたけ
50g
しめじ
50g
まいたけ
50g
油揚げ
30g
だし(だしの作り方はこちら
200g
小さじ1/2
濃い口醤油
小さじ3/4
みりん
小さじ1/2
作り方
  1. 1
    だしを作る(だしの作り方はこちら)
    ※市販のだしを利用いただいても問題ございませんが、塩分無添加をオススメします。
  2. 2
    白米を水で洗米する。
  3. 3
    (1)に冷めただしを注ぎ浸水する。
    ※だしは水道水と同じくらいの温度まで冷ましてから使ってください。
  4. 4
    きのこは、食べやすい大きさに切る。
    ※しめじやまいたけはつぼ(根っこの部位)を包丁で切り取り、手で裂いても大丈夫です。
  5. 5
    油揚げは熱湯をかけ、油抜きをし、横半分に切って、約5mm幅に切る。
  6. 6
    (1)を約30分間浸水した後、酒・濃い口醤油・みりんを加え、かき混ぜまる。
  7. 7
    (5)の上に(3)のきのこと(4)の油揚げを乗せる。
  8. 8
    炊飯器でごはんを炊く。
    ※鍋や圧力鍋などでごはんを炊いて頂いても良いです。
    ※調味料を加える分、加水量は減らしてあります。
シェアする
山盛りきのこの炊き込みごはんをチェックした人は、
こんなレシピもチェックしてます
0件の「いいね!」がありました。
現在コメントはありません。
カロリー
炭水化物
たんぱく質
食物繊維総量
脂質
塩分
糖質
  • ※1単位=80Kcal。単位は0.5単位ごとに区切らせていただいています。例えば、レシピが230Kcalの場合、230Kcal/80Kcal=2.8単位ですが、3.0単位と表示されます。
  • ※レシピの栄養基準値はサンスターと滋賀医科大学医学部附属病院の栄養治療部で考えた基準になります。
  • ※デザート/スナック類は「カロリー」と「塩分」のみ栄養基準値を設けています。

健康道場

「健康道場マーク」のレシピはサンスター社員の健康増進のため1985年に開設された「心身健康道場」で提供されている「玄米菜食」をベースとして作られたレシピになります。「健康道場」について知りたい方はこちら