糖尿病とお口のこと
2015/10/01

歯周病の進行プロセス

クリップ

歯周病の進行プロセス

歯周病は、炎症が歯肉にとどまる歯肉炎、炎症が歯肉から歯周組織深くまで広がる歯周炎に大きく分けられます。

歯みがきをやめて歯垢(プラーク)が増加すると2~3日で歯肉の炎症がおこり、長期間放置するとほとんどが歯周炎に進行します。

STEP1歯肉炎

 

歯周プラークの中の細菌に反応を起こします。
この段階で治療すれば健康な状態へ

自覚症状

  • ハグキが赤く腫れる
  • ちょっとした事でハグキから出血する

STEP2歯周炎

 

炎症がハグキにとどまらずに歯茎の骨(歯槽骨)に広がり、ハグキ全体の骨の破壊が始まります。

自覚症状

  • 口臭がひどくなる
  • 歯と歯の間の溝が深くなる
  • ウミが出る
  • 冷たいものがしみる
  • 歯がグラグラする

STEP3歯が抜ける

 

最後には歯を支えられなくなり、歯が抜けてしまいます。数本まとまって抜け落ちることもあります。

自覚症状

  • 歯が抜ける
0件の「いいね!」がありました。
0件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください