糖尿病ニュース
2015/02/16

長生きのヒントは「全粒穀物」にあり!?糖尿病リスク低減効果も!

222view
クリップ

こんにちは。ヘルスナビゲーターのたまきです。

今回は、玄米のような「全粒穀物を食べると長生きできる」という情報を見つけましたので、 ご紹介させてください!

全粒穀物(ホールグレイン)のパンや玄米を食べると 長生きできる

全粒穀物が健康にいいというのは、皆さんご存じですよね。 あらためて全粒穀物にはどんな種類があるかというと・・・
小麦、米、トウモロコシ、キビ、アワ、ヒエ、ソバなど加工度が低いものがそれにあたります。

たとえば小麦。小麦というと外皮(ふすま)や胚芽をとって精製された小麦粉が一般的ですが、 実はその外皮には豊富な食物繊維や、その他のミネラル成分が含まれています。 また胚芽にも、たんぱく質などの成分や、悪玉コレステロールの酸化を防ぐビタミンEなど 多くの栄養素が含まれているんです。

アメリカのハーバード公衆衛生大学院で、こうした全粒穀物の摂取状況と 死亡リスクについての調査を行ったところ、全粒穀物1日28g食べている人の死亡率は 食べていない人と比べて5%低かったのだそう。

そしてうれしいことに、全粒穀物には糖尿病リスク低減させる効果も

19万7000人の女性を22年追跡した調査によると、 玄米をよく食べる人では、2型糖尿病の発症リスクが低下することが分かっているそうです。 そんなわけでアメリカの食事ガイドラインでは、全粒穀物を1日に1回以上食べることを勧めているそう。

とはいえ皆さん、全粒穀物が健康に良いのはよくご存じだと思いますが、 味や手間が原因で生活に取り入れている方は少ないかもしれませんね。

 

▶元記事を読む

※引用元:糖尿病ネットワーク
全粒穀物(ホールグレイン)のパンや玄米を食べると長生きできる - 2015年01月23日
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2015/022963.php
[日本医療・健康情報研究所] Copyright @ 2015 Soshinsha.

0件の「いいね!」がありました。
0件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください