糖尿病ニュース
2015/08/31

間食でがん予防!? 毎日ひとにぎりの「○○○」で おいしい健康習慣はじめよう!

236view
クリップ

こんにちは。ヘルスナビゲーターのたまきです。

今週の糖尿病ニュースは、みなさんにおすすめしたいこの食べ物のご紹介です。なんとがんを予防する効果もあるのだそうです。

ナッツを毎日食べると健康増進の効果を得られる がんリスクも低下

最近、アーモンドやクルミ、カシューナッツ、ヘイゼルナッツ、マカダミアナッツ、ピスタチオなどのナッツ類が、健康に良いと注目されているのをご存じですか?

驚くのはナッツのその豊富な栄養素。
不飽和脂肪酸や、カルシウム、カリウム、マグネシウム、食物繊維などの栄養素がた~くさん入っているんです。

そのためナッツがもたらす健康効果も幅広いもの。高血圧の予防をはじめ、ダイエットにも役立ちます。ポリポリと噛むことで満足感が得やすくなり、その後の食事の量が減らせるという嬉しいメリットがあるんですよ。

また、食物繊維が含まれているので、サイトでもよくご紹介しているように肥満のリスクを下げる効果もあります。

また、アメリカのルイジアナ州立大学の研究チームが心筋梗塞など心血管疾患のリスクを低下させる働きもあると発表しています。ナッツに含まれる抗酸化作用成分が、血管や細胞を傷つけて、動脈硬化などを起す活性酸素を抑えるのだそうです。
さらにナッツを食べることで、インスリン抵抗性の改善もみられたそうです。

さらにさらに、それだけではありません。
ナッツにはなんとがんの予防効果があるという研究結果を、アメリカのメイヨークリニックとミネソタ大学の研究チームが発表しました。

研究チームが、食事とがんや生活習慣病の発症との関連を調べた36件の研究を調査したところなんと・・・

ナッツ類を摂ることで、直腸がん、子宮がん、すい臓がんのリスクが低下することが明らかになったそうです!

その発症リスクは最大で、直腸がんでは24%、すい臓がんでは32%。そして子宮がんでは42%も低下していました。(すごいですよね!)

このように、たくさんの健康効果が確認されているナッツですが、脂質を多く含むため、少量でもカロリーの高い食品でもあり、食べ過ぎには注意しなければいけません!

それでは、1日どれくらいの量を食べるのがよいのでしょうか。

アメリカで開発された高血圧予防のための食事法、「DASHダイエット」の専門家が推奨する量は毎日ひとにぎりほど(28g)

間食に食べるのにちょうどいい量ですよね。(ナッツを購入される時は、食塩の取りすぎを防ぐために、食塩無添加のものを選んでくださいね)

ぜひこの量を目安に、毎日の食生活にナッツを取り入れてみていただきたいなと思います!

 

▶元記事を読む

※引用元:糖尿病ネットワーク
ナッツを毎日食べると健康増進の効果を得られる がんリスクも低下 - 2015年07月29日
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2015/023729.php
[日本医療・健康情報研究所] Copyright @ 2015 Soshinsha.

0件の「いいね!」がありました。
0件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください