SUNSTAR

文字の大きさ
第5回 糖尿病川柳入賞作品発表!
ホーム > 5つのポイント > 満足感のある食事をとる

満足感のある食事をとる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あきらめていませんか?健康的と満足感は両立できる

糖尿病のための食事は味気ない、物足りないと思っていませんか?「自分だけ別メニュー」になって悲しい思いをしたことはありませんか。大丈夫、工夫しだいで“満足”と“健康的”は両立できるのです。キーワードは「満腹感」と「健康効果」です。サイトでは管理栄養士監修のレシピや食生活のコツなどを紹介しています。

「食物繊維」をうまく取り入れて、満腹感のある食事を

食物繊維の平均摂取量は、性別や年齢に関わらず、推奨摂取量を下回っており、平均で約75%しか摂取できていません。そのため、食物繊維は意識してとる必要がある栄養素の1つであるといえます。食物繊維を多く含む食事は、よく噛むことによって満腹感を得やすく、また胃の中での滞留時間が長いので満腹感が持続します。普段の食事に食物繊維を上手に取り入れましょう。

※国民健康・栄養調査(2015年)

無理に我慢しない、カシコく楽しい間食のとり方

甘いものや間食を我慢し続ける毎日は、ストレスを抱え込んでしまいがちに。ストレスを溜め込まないように、間食をカシコく選んで、上手に取り入れることをオススメします。

  • 糖尿病とうまくつきあう5つのポイント
  • 糖尿病の正しい知識を得る
  • 満足感のある食事をとる
  • おいしさを感じる口にする
  • 無理なく、楽しく運動する
  • ともに助け合う
  • 「歯周病リスクから、健康を考える」スペシャルページ
  •  iPS細胞を活用し「β細胞を作る」

会員登録(無料)はこちら