SUNSTAR

文字の大きさ
ホーム > 糖尿病レシピ > 冷やしうどん夏野菜のせ

冷やしうどん夏野菜のせ

ごはん/麺類 栄養基準値内3つ 単位5単位 調理時間約30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

写真を拡大する

暑い夏においしい冷やしうどんに旬の夏野菜をたっぷりのせてより満腹感がありながらカロリーを抑えた夏の新しい提案になります。塩分が気になる方に一度試していただきたい一品です。

  • カロリー 385kcal
  • 炭水化物 58.5g
  • たんぱく質 14.4g
  • 食物繊維総量 4.4g
  • 脂質 9.1g
  • 塩分 2.3g

ワンポイントアドバイス
☆半熟ゆで卵の作り方☆ 卵は水からゆでる。(静かにかき混ぜながらゆでると黄身が中心にいく)ふっとう後6分ゆで、水につけて冷ます。

本レシピは「糖尿病スマートクッキングクラス」で実際に作ったレシピになります。クッキングクラスの様子はこちらからご覧いただけます。

NPO法人西東京臨床糖尿病研究会 監修

材料(2人分)

材料

  • 干しうどん120g
  • なす(大サイズ)2本(160g)
  • 玉ねぎ(小サイズ)半分(60g)
  • いんげん豆6本(40g)
  • にんじん(直径4cm)2cm(20g)
  • サラダ油大さじ1/2(6g)
  • 焼肉のたれ大さじ1/2(9g)
  • 卵(大)2個(110g)

材料A

  • めんつゆ小さじ4(24g)
  • 大さじ4(60g)

*食材の大きさは季節により変動しますので、量は計量器をご利用いただき確認ください。

作り方

  1. なすは縦半分に切り、5mmの斜め半月切りにする。玉ねぎは縦半分に切り、薄切りにする。いんげんは斜め切りにする。にんじんは短冊切りにする。

  2. フライパンに油を敷き、いんげんを炒める。少し焼き色がついたら残りの野菜を加えて炒める。全体がしんなりしたら焼肉のたれを加え、皿に移して冷ましておく。

  3. 全体がしんなりしたら焼肉のたれを加え、皿に移して冷ましておく。

  4. 干しうどんを表示に従ってゆで、水で洗う。水気を切って器に盛り、2を乗せる。

  5. Aを回しかけ、半分に切った半熟ゆで卵を盛り付ける。

食べる前に知ろう

サンスター監修「今日から始める、食生活のToDo」は、
食生活や調理のコツがまるわかり!

[PR]コレステロールが気になる方へ

緑でサラナ
  • 春レシピ
  • 夏レシピ
  • 秋レシピ
  • 冬レシピ
  • いつでもレシピ
  • 調理時間
  • カロリー
  • 塩分
  • 食物繊維

※1)単位は0.5単位ごとに区切らせていただいています。例えば、レシピが230Kcalの場合、230Kcal/80Kcal=2.8単位ですが、3.0単位と表示されます。

※2)レシピの栄養基準値はサンスターと滋賀医科大学医学部附属病院の栄養治療部で考えた基準になります。

※3)デザート/スナック類は「カロリー」と「塩分」のみ栄養基準値を設けています。

健康道場

「健康道場マーク」のレシピはサンスター社員の健康増進のため1985年に開設された「心身健康道場」で提供されている「玄米菜食」をベースとして作られたレシピになります。「健康道場」について知りたい方はこちら