SUNSTAR

文字の大きさ
第6回 糖尿病川柳 〜大切な人に伝えよう!糖尿病とつきあう川柳〜
ホーム > 糖尿病レシピ > 豚ひき肉とえりんぎの豆板醤炒め

豚ひき肉とえりんぎの豆板醤炒め

主菜 栄養基準値内3つ 単位2単位 調理時間約10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

写真を拡大する

手っ取り早く、簡単に調理ができる!塩分控えめだけどしっかり味のピリ辛中華風の炒めものはごはんにぴったり!

  • カロリー 176kcal
  • 炭水化物 8.6g
  • たんぱく質 10.6g
  • 食物繊維総量 4g
  • 脂質 11.4g
  • 塩分 0.5g

ワンポイントアドバイス
食物繊維は血糖上昇をおだやかにしますので積極的に摂取しましょう。玄米ごはんと組み合わせるとより食物繊維リッチな食事になります。また、こちらをごはん/玄米ごはんの上に乗せて丼ぶりに簡単アレンジできますよ!

滋賀医科大学医学部附属病院 栄養治療部 監修

材料(2人分)

  • 豚ひき肉80g
  • 水菜120g
  • えりんぎ小1株(80g)
  • ミニトマト4個(30g)
  • 小さじ2(10g)
  • 大さじ1弱(14g)
  • こしょう少々
  • 豆板醤1.4g
  • 少々

*食材の大きさは季節により変動しますので、量は計量器をご利用いただき確認ください。

作り方

  1. 水菜を軽く水で洗い、3cmの長さに切る。

  2. (1)の水菜を電子レンジ(600W)に1分かける。

  3. えりんぎは手で裂く。

  4. なべに油を熱し、豚ひき肉を中火で炒める。

  5. 肉の色が変わったらこしょう、酒、豆板醤、(3)のえりんぎを加えて強火で2~3分ほど炒める。

  6. えりんぎがしんなりとなったら(1)の水菜を加えて炒め合わせる。

  7. 最後に塩で味を調え、皿に盛り、水で洗ったミニトマトを添える。

食べる前に知ろう

サンスター監修「今日から始める、食生活のToDo」は、
食生活や調理のコツがまるわかり!

[PR]コレステロールが気になる方へ

緑でサラナ
  • 春レシピ
  • 夏レシピ
  • 秋レシピ
  • 冬レシピ
  • いつでもレシピ
  • 調理時間
  • カロリー
  • 塩分
  • 食物繊維

※1)単位は0.5単位ごとに区切らせていただいています。例えば、レシピが230Kcalの場合、230Kcal/80Kcal=2.8単位ですが、3.0単位と表示されます。

※2)レシピの栄養基準値はサンスターと滋賀医科大学医学部附属病院の栄養治療部で考えた基準になります。

※3)デザート/スナック類は「カロリー」と「塩分」のみ栄養基準値を設けています。

健康道場

「健康道場マーク」のレシピはサンスター社員の健康増進のため1985年に開設された「心身健康道場」で提供されている「玄米菜食」をベースとして作られたレシピになります。「健康道場」について知りたい方はこちら