SUNSTAR

文字の大きさ
第5回 糖尿病川柳入賞作品発表!
ホーム > 食生活のコツ > おすすめの素材 「食物繊維」

おすすめの素材 「食物繊維」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食事の“満足”と“健康的”を両立させる。

糖尿病の方にとって大切な「食事療法」。指示されたエネルギー量や、食べる時間を守らなければいけないなど、さまざまなルールがありますが、あまり難しく考えすぎると食事そのものを楽しめない…ということに。まずは栄養バランスを整えることを意識した、食べる楽しみや満足を失わない健康的な食事方法を提案します。

ガマンしない食事のカギは「食物繊維」。

しっかり食べたい。でも食べ過ぎるといけない。こんな気持ちをうまくコントロールして、健康的でも満足感の高い食事をするために取り入れたいのが「食物繊維」です。食物繊維はよく嚙むことによって満腹感を得やすいなど、食事の満足を高めるために大切な役割を担っています。また急激な血糖値の上昇を抑えるなどの健康効果も高く、ガマンしない食事の楽しさを与えてくれます。

食物繊維が多いと噛む回数が増え、満腹感を得やすい。

しっかり嚙むと歯根膜やほほの筋肉が刺激され、刺激は神経を介して脳の視床下部に伝わり、神経ヒスタミンの分泌を促します。神経ヒスタミンは満腹感をもたらし、食べ過ぎ防止につながります。

満腹感を感じやすくなる仕組み

水溶性の食物繊維は胃での滞留時間が長く、
満腹感が持続する。

食物繊維には「水溶性」と「不溶性」の2種類があります。水溶性食物繊維は粘着性があり、胃腸内をゆっくり移動するのでおなかが空きにくく、食べ過ぎを防ぎます。また、不溶性食物繊維は腸でほとんど吸収されず、ほとんどエネルギーにならないため、エネルギーはそのままに、食事量を増やすことができます。この2つの特徴をよく理解し、状況に応じて使い分けるのがおすすめです。

意外と知らない!働きも効果も違う2つの食物繊維

食事の”満足”と”健康的”をグンと高める
食べ物選び&食べ方のコツ

糖尿病と診断されても食生活をガラリと変えることは難しいもの。でも、無理にすべてを変えようとしなくても大丈夫です。
食品の選び方や食べ方のちょっとしたコツをおさえておくだけで、食事の“満足”と“健康的”を両立させながら、高めることができます。

まとめ

食事の質を高め、満足感を得ながら健康的な食生活を送るには、「食物繊維」が重要。高食物繊維を中心とした献立なら、摂取カロリーを下げることなくしっかり食べることができるため、食事の「満足」と「健康的」の両立を実現できます。