SUNSTAR

文字の大きさ
「あなたの漢字一文字 2016 & 2017」大・募・集!
ホーム > なるほど糖尿病情報 > 糖尿病の種類って?

糖尿病の種類って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病にはいろいろな種類があります。代表的なものをいくつか知っておきましょう。

1型糖尿病とは?

1型糖尿病

主に小児~青年期に発症する糖尿病で、割合は日本の糖尿病患者全体のおよそ5%ほどです。小児糖尿病、インスリン依存型糖尿病と呼ばれることもあります。自己免疫によって、すい臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、からだの中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こります。はっきりとした原因はまだわかっていませんが、遺伝子と環境要因によって発症すると考えられています。

2型糖尿病とは?

2型糖尿病

主に中高年に多くみられる糖尿病で、日本の糖尿病患者全体のおよそ95%を占めます。インスリン※の出る量が少なくなったり、肝臓や筋肉などの細胞へインスリンが働きにくくなったりして、血液中のブドウ糖がたまりすぎておこります。原因は遺伝要因もありますが、食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多いと言われています。

※インスリン:
すい臓から分泌されるホルモンで、血液中のブドウ糖を細胞に取り込む働きがあります。

妊娠糖尿病とは?

妊娠糖尿病

妊娠中に発症あるいは初めて発見された糖尿病です。赤ちゃんに影響が出ることもあるため、厳重な血糖管理をおこなう必要があります。

その他の特定の機序、疾患による糖尿病とは?

遺伝子異常やすい臓や肝臓の病気、感染症、免疫の異常などの他の病気が原因となって、また、薬剤や化学物質によっても糖尿病となる場合があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会員登録(無料)はこちら