SUNSTAR

文字の大きさ
「あなたの漢字一文字 2016 & 2017」大・募・集!
ホーム > なるほど糖尿病情報 > 糖尿病ってどんな病気?

糖尿病ってどんな病気?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう、糖尿病がどんな病気なのかご存知の方も多いかと思いますが、糖尿病について簡単に説明します。
簡単に説明しますと、糖尿病とは、食べたものから分解されたブドウ糖が体内(主に筋肉や肝臓)に吸収されにくくなり、ブドウ糖が血液中に溜まりすぎてしまう病気です。しかし、糖尿病にもいくつかの種類がありますので、それぞれの種類についても確認ください。

糖尿病の種類

なぜ、ブドウ糖が吸収しにくくなるの?

人の血液中のブドウ糖は、必要に応じてすい臓から分泌される「インスリン」と肝臓から分泌される「グルカゴン」という2種類のホルモンからコントロールされています。これらのホルモンが十分に分泌されなかったり、分泌されているのにちゃんと作用していなかったりすると、血糖コントロールが効かなくなり、血液中に大量のブドウ糖があふれて「高血糖」という状態になります。この状態が続いてしまうと「糖尿病」になるのです。

高血糖が続くとどうなるの?

糖尿病になっても、多くは無症状で、お医者さんから「高血糖ですね」といわれても、あまり気にかけなかったり、受診・治療を中断してしまったりすることもありますよね。しかし、血糖値が非常に高い状態が続くと、さまざまな合併症を引き起こしてしまいます。また、合併症を引き起こすと生活の質が衰え大変辛い生活を過ごす結果にも繋がりかねませんので、診断結果や症状のサインを見逃さないようにしてください。

糖尿病って治るの?

糖尿病は、風邪などのように、ウィルスや菌を退治して「治る」ようなものではありませんが* 、上手にコントロールすることで健康的な生活を送ることができます。従って、自分にあった糖尿病とうまくつきあう方法をいち早く探し、身に付けそれをやり続けることが大切になります。
※現在の医療技術では治せませんが、今後は新たな治療法が開発され治ることも期待できます。

その口臭、口の渇きは糖尿病が原因かも?

年齢のせい?なんて思っているその悩み、実は糖尿病によるものかもしれません。知らずに悩んでいたり、ついついそのままにしておいたり、なんて人も多いのですが、糖尿病が原因で口臭が強くなったり、口が渇いたりすることがあるのです。さらに、糖尿病だと重症の歯周病になりやすく、それが口臭の原因になることもあります。こういった症状には、血糖コントロールという根本的な対処に加えて、基本的なオーラルケアも必要です。不快感を軽減するためのアイテムも市販されていますので、取り入れていくのもいいでしょう。口臭や口の渇きの悩みが軽減されると、毎日の気持ちよさがぐんと違ってくるはずです。

サンスターのオーラルケアグッズ

やせてるのに糖尿病?意外なリスクファクター

「自分は太っていないから糖尿病にならないと思っていたのに…」「あの人はやせているのに糖尿病?」そんな風に思ったことはありませんか。確かにいわゆるメタボになり、内臓脂肪が増えてしまうと、糖尿病のリスクは高まりますが、糖尿病でもやせている人がいるのは不思議なことではないのです。特に日本人には、そのような「やせ型糖尿病」の人が多いと言われています。

その理由は、はるか昔、太古の生活にあります。日本人は農耕民族、欧米人は狩猟民族という歴史を持つため、身体が糖を取り込む力も違っているのです。日本人にはたくさんの糖を取り込めない人がいて、太ってしまう前に十分なインスリンが分泌されなくなり、糖尿病を発症してしまうのです。食べても太れない人は、特に、もともとインスリンの分泌が悪いと言われます。逆に、欧米人はインスリンの分泌量が多いため、たくさんの糖を取り込んで太ってしまいますが、糖尿病になりにくいと言われています。

近年の日本の食文化は欧米化し、高カロリー、高コレステロールな食事になってきています。もともとインスリン分泌量の低い日本人が欧米化した食生活を続けると、糖尿病になりやすくなるのです。
「糖尿病=太っている」ということではないため、糖尿病予防や改善の取り組みも、ただ単にやせればいいわけではありません。欧米化した食事内容、早食い、食べ方などを見直し、バランスのとれた生活にしていくことが予防や改善につながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会員登録(無料)はこちら